心地よさを求めて北海道/札幌へ移住して5年。実際に札幌生活を体験したことで分かった実感を、できる限り根拠となるデータも付けてまとめてみました。

アリオ札幌が便利!苗穂駅移転再開発効果以外の注目点&店舗一覧

苗穂駅が移転開業したことで、アクセスがかなり便利になった「アリオ札幌」ですが、モール内の店舗も、元々利用価値の高い店舗が多数あったのに加え、7月にリニュアルも加わり、ますます訪問価値が高まりました。

今回は、そんなアリオ札幌の注目するべき店舗の特色を中心にご紹介しますね。

何と言っても、ショッピングモールの便利なところは大小さまざまな店舗が利用できるので、1回でほとんど全ての買い物ができる点ですが、特に「アリオ札幌」には、大型店舗が充実しています。

また、買い物だけでなく、カフェタイムや一休みのドリンク補充に便利なフードコートやイートインコーナーも充実しています。1日読書をしても良いし、休日の仕事や勉強場所に利用することも可能なエリアです。

更には、7月にリニュアルした店舗や新規出店店舗なども、更にアリオ札幌の利用価値を高めています。

そんなところを中心に、まとめてみました。

※以下の情報は、21018年11月下旬時点のものとなります。

まとめ買いに便利な大型店舗

これほどまでに大型店舗が多数出展しているショッピングモールも珍しく、恐らく、その充実度は札幌一ではないかと思います。

1階フロア

◇イトーヨーカドー札幌店
今年の夏にリニュアルされ、以前よりかなり明るく広々とした感じになりました。

◇Can★Do
今年の春先にリニュアルされ、こちらも明るい雰囲気になりました。

◇アインズ&トルペ
イトーヨーカドーのすぐ隣にあり、イトーヨーカドーと重複する商品などは、比較購入もできます。

◇ゼビオスポーツ
一定の品揃えがありますが、ゴルフ用品はありません。

◇ルネサンス・アリオ札幌
買い物・カフェなどのついでにスポーツジムで健康づくりもできます。

2階フロア

◇あそびパーク

◇KIDS PARK(キッズ パーク)

◇アカチャンホンポ

◇トイザらス・ベビーザらス

3階フロア

◇ユニクロ

◇くまざわ書店 アリオ札幌店
画像はありませんが、ユニクロの隣に位置し、書店としてはかなり広いスペースですので、本の種類も充実しています。

◇ABCマート

◇auショップ アリオ札幌

◇GU

カフェ&ドリンクが楽しめる店舗

1階フロア

◇どんぐり
店舗のすぐ近くには、イトーヨーカドーで買った食品を食べられるイートインコーナーもありますが、どんぐり専用のイートインスペースもあります。

◇スターバックスコーヒー

◇サイゼリヤ

2階フロア

タリーズコーヒーとミスタードーナッツ以外は、フードコートにあります。

◇タリーズコーヒー キッズコミュ
名前は「キッズコミュ」ですが、大人だけでの利用も可能です。

◇ミスタードーナツ

◇ケンタッキーフライドチキン

◇サーティワンアイスクリーム

◇デザート王国

◇マクドナルド
手前に見えているのは、キッズ・ファミリー用スペースです。

◇果汁工房 果琳

3階フロア

サンマルクカフェ

充実のイートインコーナー

イートインコーナーは1階と2階にあります。

1階では、イトーヨーカドーのお惣菜屋やお弁当、どんぐりのパンも食べられるスペースが複数か所に多くの席が用意されています。こちらも7月にリニュアルされた部分です。

2階には、フードコートがあり、マクドナルドやケンタッキーフライドチキン、サーティーワンアイスクリーム、丸亀製麺、築地 銀だこ、らあめん花月嵐、リンガーハット、ローストビーフ 星などファストフード系が揃っています。

また、スペースも広めなので多数の席があります。個室っぽくなっていてゆっくり作業や勉強ができるスペースや幼児向けのスペースなどもあります。

今年7月にオープン&リニュアルした店舗

大型店舗でのご紹介と重複店舗もありますが、お店の雰囲気だけご紹介します。店舗の内容については↓の記事でご覧ください。
苗穂駅移転開業で「アリオ札幌」が便利に!道のり・店舗展開他のまとめ

7月の新規店舗

➀タリーズコーヒー キッズコミュ

②農家の茶屋 自然満喫倶楽部

③THREEPPY 300 and Happy

④どんぐり

⑤あそびパーク

7月にリニュアルした店舗

❶六花亭

❷アカチャンホンポ

❸トイザらス・ベビーザらス

❹KIDS PARK

全店舗一覧

全店舗のフロアごと一覧も↓記事をご覧ください。
苗穂駅移転開業で「アリオ札幌」が便利に!道のり・店舗展開他のまとめ

まとめ:札幌一のショッピングモールでは?

上段でも述べましたが、「アリオ札幌」は札幌で一番便利なショッピングモールであると思います。

今までは、自動車以外の方にはアクセスが悪かったのですが、苗穂駅が移転開業したことで、JR苗穂駅から徒歩2分程度の便利な立地となりました。

もちろん、店舗数においてはJRタワーが一番ですが、JRタワーにはスーパーやスポーツジムなどはありませんし、あまりにも広大過ぎてお店とお店の移動時間もけっこうかかります。週末に複数店舗を回り一通りのまとめ買いをするというスタイルには不便なショッピングエリアです。

また、新札幌駅のアークシティもJRタワーに次ぐ売場面積で、アリオ札幌の1.5倍ほどありますが、JR札幌駅を挟んでサンピアザとデュオの2カ所に分かれてしまっているため、やはり複数か所を回りまとめ買いをするには、札幌市中心部からも離れた立地であることも含め、アリオ札幌より不便です。

アリオ札幌は、札幌市の大中心部であるJR札幌駅からJR線でわずか1駅の近距離にあるため、マイカーでの買い物にも非常に便利な立地です。

ただ、難点としては、地下鉄の駅からは遠いということがあげられます。

これから、苗穂駅の南北にタワーマンションが3棟も建ち、高齢者住宅や商業施設など苗穂駅の再開発事業が、これから2~3年でどんどんオープンしていきます。

一番にお勧めできる方は、そのタワーマンションに永住してくるリタイア組ではないでしょうか!?

苗穂駅から雨にも雪にも濡れずに、アリオ札幌で買い物のほとんどが済ませられ、カフェで読書をするもよし、フードコートでパソコン仕事をするもよし、1日の生活がアリオの中で成立します。

そして、たまにはデパートなど札幌市中心部には行きたいという場合には、JR線でたった1駅行くだけですので、気軽なものです。

恐らく、これから建つタワーマンションは、札幌市民には手の出ない価格帯になりますので、首都圏や関西圏などでもマンション説明会もあるでしょうから、移住ご検討の方々は楽しみにしていてくださいね。

以上『アリオ札幌が便利!苗穂駅移転再開発効果以外の注目点&店舗一覧』でした。

 

error: Content is protected !!