心地よさを求めて北海道/札幌へ移住して5年。実際に札幌生活を体験したことで分かった実感を、できる限り根拠となるデータも付けてまとめてみました。

発寒南駅/札幌市営地下鉄東西線はマンション探しに適しているか?

札幌市営地下鉄「東西線」西側終着の宮の沢駅から1つ目に位置する「発寒南」駅は、JR線の発寒中央駅までも14分(1.1km)の距離であるため、人によっては複線利用も便利なエリアです。

駅のすぐ近くにはマックスバリュエクスプレス発寒南駅前店、駅から直線距離で400mには西友西町店もあるので、日常の買い物にも利便性の高いエリアです。

また、駅近くにあるコンビニエンスストアはセブンイレブン1店舗だけですが、ドラッグストアも100円ショップも駅から徒歩圏に揃っています。

そんな発寒中央駅について、買い物や交通の利便性を中心に、マンション探しを始めるのに適したエリアであるかを簡便に判断できるよう、詳細情報を収集してみました。

交通の利便性

札幌中心部・終点駅までの地下鉄所要時間

大通駅まで13分、宮の沢駅まで3分、新さっぽろ駅まで32分です。

札幌中心部からのタクシー料金

大通駅から発寒南駅まで両駅間の距離で2,270円前後です。
(道路状況や走行経路等で多くかかる場合もあります)

新千歳空港までの交通アクセス

地下鉄(新さっぽろ駅)からJR線(新札幌駅から快速エアポート・15分間隔)に乗り継ぎの場合「32分+乗換+28分=60分+乗換時間」、直行バスの場合「55分(所定時間)」となります。

他路線の複線利用可能駅(徒歩30分以内)

❶発寒中央駅(JR)まで14分(1.1km)

❷琴似駅(JR)まで21分(1.7km)

※地下鉄の発寒南駅とJR線の発寒中央駅の中間地点に住居を構えると、地下鉄とJR線の駅まで7分ずつとなり、複線利用が十分に可能です。但し、夏は良いのですが、冬の雪道に不安を感じる方は、メインの最寄り駅まで5分以内となる位置にした方が無難です。

買い物の利便性

買い物の利便性を計るために、各駅にある買い物店舗を店舗名と駅からの距離について、以下の通り抽出してみました。

➀どの店舗をどの範囲まで抽出するのか?について、こんな店舗が近くにあったら便利ではないか!という業態に絞り、またその業態店舗の利用方に応じて駅からの範囲(距離・分数)について設定を変えてみました。

②店舗までの距離を駅からの直線距離で表記している場合は、徒歩の目安分数は通る経路や歩く速度によって変わりますが、大よその目安としては次の通りで見て下さい。
直線距離800m・・・徒歩約10~15分
直線距離560m・・・徒歩約7~10分
直線距離400m・・・徒歩約5~7分
直線距離280m・・・徒歩約4~5分

③店舗のデータは2018年8月時点です。その後の出退店により多少の変化はありますので、その時点での正確性についてはご注意ください。

スーパー・コンビニなど日常の買い物店舗

❶スーパーマーケット/駅から直線距離800m以内
すぐ近く マックスバリュエクスプレス発寒南駅前店
400m 西友西町店
530m 北海市場西町店
620m JR生鮮市場西野店

❷コンビニエンスストア/駅から直線距離280m以内
セブンイレブン1店舗のみ、セイコーマート・ローソン・ファミリーマートは駅近くにはありません。

❸ドラッグスストア/駅から直線距離560m以内
270m ツルハドラッグ西町北店

❹100円ショップ/駅から直線距離560m以内
270m キャン・ドゥ西町北店
420m セリア西友西町店

家電・衣料品など非日常的な買い物店舗

❶ファッション・スポーツ系店舗/駅から直線距離400m以内
該当する店舗はありません

❷メガネ・コンタクト系店舗/駅から直線距離400m以内
300m メガネのプリンス西町店
310m 眼鏡市場札幌西町店

❸家電量販店・PC系店舗/駅から直線距離800m以内
該当する店舗はありません

❹ホームセンター系店舗/駅から直線距離800m以内
該当する店舗はありません

❺家具・大型雑貨系店舗/駅から直線距離800m以内
該当する店舗はありません

ファミレス・ファストフード・カフェ店舗

❶ファミリーレストラン系店舗/駅から直線距離800m以内
330m ヴィクトリアステーション手稲東店
480m サイゼリヤナムコワンダーシティ札幌店

❷ファストフード系店舗/駅から直線距離400m以内
370m 吉野家札幌西町店
390m 松屋西町店

❸チェーン系カフェ店舗/駅から直線距離400m以内
該当する店舗はありません

ATM・スポーツジムなど生活に必要な施設

❶銀行・ATM店舗/駅から直線距離280m以内
50m 北洋銀行マックスバリュエクスプレス発寒南駅前店ATMコーナー
200m 留萌信用金庫札幌西支店
270m JAさっぽろ西町支店
280m 北洋銀行西町支店
280m 札幌西町北郵便局

❷スポーツジム店舗/駅から徒歩15分以内
7分 NAS札幌

❸チェーン系書店/駅から直線距離800m以内
420m なにわ書房西友西町店

❹レンタルビデオ店/駅から直線距離800m以内
430m ゲオ札幌西町店

駅の発展性

発寒南駅の利用者数(2016年・1日平均乗車人員)は8,670人でした。

過去10年間の利用者数の推移は2006年の7,529人から2011年には7,447人と、前半5年間の伸率は98.9%、後半の5年間で116.4%、10年間トータルでは115.2%でした。

地下鉄3路線全駅の平均は107.8%で、南北線16駅の平均は98.5%、東西線18駅の平均が113.1%、東豊線14駅は116.6%でした。

札幌市営地下鉄の全49駅(さっぽろ2路線・大通3路線を各1駅ずつとして)のうち利用者数(乗車人員)では32位で、10年間の伸率では19位となります。

ここ最近5年間に利用者数が116%に増えたことで、10年間でも115%と地下鉄3路線全体と東西線それぞれの平均を上回っていますので、発展している方の部類に入ると言えます。

札幌市では2014年頃から急激なマンション価格の高騰化が始まっていて、円山公園を中心とした人気のエリアは、札幌市民では手の届かない金額になってしまったと言われています。

それにより、札幌市民のマンション購入は札幌市中心部から郊外へと移行していると言われており、発寒南駅の利用者数が急激に増え始めたのも、そのような背景からであると想定されます。

発寒南駅での住居(マンション・アパート)探しのまとめ

前項の通りで、発寒南駅エリアは地下鉄の駅の中では利用者数がまだまだ少ない方ですが、ここ数年で急激に利用者数が増え始めていますし、札幌市中心部のマンション価格高騰は2019年も更に拍車がかかっている状況です。

札幌駅の周辺では、分譲マンションも賃貸マンションも高級タワーマンションが人気ですが、恐らくは高くなり過ぎた首都圏からの札幌移行組が増えていることの影響であると想定されます。

この状況がいつまで続くのかは不明ですが、1度高くなってしまった価格はなかなかすぐには元に戻らないでしょうから、中心部の高値圏は続き、札幌市民の郊外マンション購入傾向も加速されるかもしれません。

よって、駅前にマックスバリュ、駅から徒歩圏に西友やツルハドラッグ、キャン・ドゥ、セリアなど、食品系スーパーやドラッグストア・100円ショップなど日常の買い物利便の良い発寒南駅には、今後も住居者が増えていく=街が更に発展していくことが想定できます。

札幌の中心部・大通駅までも地下鉄で7駅13分と程よい位置にあり、エリアによってはJR発寒中央駅との複線利用も可能と交通利便性も良いので、これからのマンション探しとして発寒南駅も候補に加えて良さそうです。

最後に、どの駅がマンション探しに適しているのか?今回の記事でご紹介した交通・買い物の利便性を中心に、札幌市営地下鉄線の46駅をランキング化した記事をご紹介します↓

関連記事

今までに北海道移住に関する100以上の記事を書いてきました。気候・買い物・交通・スポーツ・メリット・デメリットなど様々な角度から、できる限り個人的主観のみでなく、データや他記事の意見も踏まえ、多くの方にできる限り正確にお伝えできるよ[…]

error: Content is protected !!