心地よさを求めて北海道/札幌へ移住して5年。実際に札幌生活を体験したことで分かった実感を、できる限り根拠となるデータも付けてまとめてみました。

2月中旬の北海道20地域を気温・雪・日照・風などで完全比較!

2月中旬の北海道は、1月下旬・2月上旬という寒さ厳しい最ピークは過ぎたものの、まだまだ日中も氷点下での生活が続く時季です。

最高気温・30年平均が、札幌ではやっとプラスに転じ0.2℃となりますが、北海道外では、仙台6.3℃・東京10.8℃・大阪10.4℃・福岡11.5℃・那覇20.3℃ですから、東京・大阪・福岡より10℃も寒い日々となります。

しかし、同じ北海道でも各地域により寒さは異なり、札幌よりも更に寒さ厳しい地域もあれば、日照時間が多く雪もそれほど降らない地域もあります。

北海道は、日本海側・太平洋側・オホーツク海側の三方に面し、沿岸部と内陸部でも気候が大きく変わります。

そんな北海道の「2月中旬」について、気温・雪・日照・風などの気象データを北海道内20地域に分けて集め、まとめてみました。

※20地域…札幌・稚内・留萌・名寄・旭川・紋別・網走・北見・岩見沢・小樽・帯広・釧路・根室・倶知安・室蘭・苫小牧・浦河・江差・函館・千歳
※各気象データ…気象庁ホームページのデータ30年間分を参照し、独自に30年平均や高い・低いなどを集計
※30年間データ…西暦1990年~2019年(平成2年~31年)
※データ表の中で「×」の欄…気象庁にデータが無い項目
※千歳…例外的に気温・風速は2003年以降、降雪・積雪は2006年以降のデータ

気温

日の最高気温・最低気温の30年平均

日の最高気温と日の最低気温のそれぞれ30年間平均と、日の最高気温の旬(10日間)平均が最も高った年の気温、また日の最低気温の旬(10日間)平均が最も低かった年の気温です。

最高気温(℃)旬平均最低気温(℃)旬平均
30年平均高い年30年平均低い年
札幌0.22.6-6.1-9.5
稚内-2.30.5-6.8-12.5
留萌-0.61.8-7.0-10.1
名寄-3.00.5-14.3-19.8
旭川-1.81.0-10.7-14.6
紋別-2.20.6-9.3-14.7
網走-2.31.1-9.5-16.1
北見-2.01.2-13.3-19.5
岩見沢-0.91.7-8.7-11.6
小樽0.03.0-5.6-9.2
帯広-0.12.2-11.8-18.9
釧路-0.12.5-9.5-18.5
根室-1.22.2-7.0-13.3
倶知安-1.21.5-9.3-13.5
室蘭0.93.7-4.0-7.6
苫小牧1.03.4-7.7-13.1
浦河1.23.9-5.5-9.2
江差2.15.0-3.0-5.8
函館1.64.4-5.7-9.8
千歳-0.32.3-12.3-19.1

「札幌」だけを見ると、最高気温の30年平均は0.2℃で、最も高かった年の旬平均最高気温でも2.6℃と、それほど異常気象で気温が上がるということはないようです。

また、「札幌」の最低気温を見てみても、30年平均のマイナス6.1℃に対し、最も低い年がマイナス9.5℃と3.4℃しか差がありません。

よって、札幌の2月中旬は、どんなにいきなり異常気象がやってきても、良くも悪くもそれほどの支障はないということになります。

しかし、他の地域を見てみると、最高気温はどの地域も2~3℃程度の差しかありませんが、最低気温の差は3~9℃ほどもあります。

最低気温の30年平均・低い年の気温差は、20地域平均では5.0℃ですが、釧路9.0℃差・帯広は7.2℃差・千歳は6.8℃差と、地域による差が大きくあります。

釧路では毎年マイナス9.5℃くらいであろうと思っていたら、マイナス18.5℃の年もあったということです。

最高気温・最高気温が0℃未満の日数

各年の2月中旬(10日間)の中で、日の最高気温が最も高かった年の最高気温と最も低かった年の最高気温、また、その最高気温が0℃未満の「真冬日」と呼ばれる日が、10日間の中で何日あったか、またその日数が一番多かった(寒い日が多かった)年の真冬日の日数となります。

最高気温(℃)0℃未満日数
最高の年最低の年30年平均多い年
札幌9.90.34.89
稚内6.2-1.07.510
留萌8.3-0.75.710
名寄5.5-2.37.910
旭川8.4-1.47.010
紋別10.7-1.67.610
網走9.4-1.97.610
北見8.4-3.37.310
岩見沢7.1-0.36.010
小樽9.50.35.19
帯広7.9-1.14.910
釧路6.7-0.75.010
根室7.9-1.06.410
倶知安7.4-0.86.110
室蘭8.91.04.09
苫小牧9.01.73.57
浦河10.01.53.39
江差12.63.42.87
函館11.92.43.18
千歳9.1-0.15.510

札幌を見てみると、暖かい年は9.9℃まで上がった年もありましたが、0.3℃までしか上がらなかった寒かった年もあったということですが、地域間較差はどれくらいあるかも見てみます。

最高の年で見比べると、名寄5.5℃~江差12.6℃と7.1℃の差となります。

最低の年で見ても、北見-3.3℃~江差3.4℃で6.7℃の差となります。

次に、最低気温についても、同様に見てみます。

最低気温・最低気温が0℃未満の日数

各年の2月上旬(10日間)の中で、日の最低気温が最も高かった年の最低気温と最も低かった年の最低気温、また、その最低気温が0℃未満の「冬日」と呼ばれる日が、10日間の中で何日あったか、またその日数が一番多かった年の冬日の日数となります。

最低気温(℃)0℃未満日数
最高の年最低の年30年平均多い年
札幌-7.1-16.01010
稚内-6.0-15.69.810
留萌-8.0-20.99.810
名寄-13.6-31.310.010
旭川-11.3-22.610.010
紋別-9.7-19.810.010
網走-9.7-19.010.010
北見-14.9-24.310.010
岩見沢-7.6-20.49.810
小樽-4.8-13.59.710
帯広-13.7-22.910.010
釧路-11.2-22.89.910
根室-6.1-15.910.010
倶知安-11.0-24.69.810
室蘭-3.3-10.19.310
苫小牧-8.3-16.89.710
浦河-5.2-11.69.610
江差-2.6-11.98.310
函館-6.7-14.29.410
千歳-12.3-23.99.910

「札幌」では、暖かい年(最高の年)は最低気温がマイナス7.1℃までしか下がりませんでしたが、寒い年(最低の年)は16.0℃まで下がっています。

他の地域も見てみると、暖かい年では北見-14.9℃~江差-2.6℃と12.3℃の差、寒い年では名寄-31.3℃~室蘭-10.1℃と21.2℃の差となりました。

やはり、寒さ厳しい北海道の地域間較差は、暖かい方により、寒い方・厳しい方に大きな差が出てしまうということが分かります。

日照率

日照率とは、日の出から日の入りまでの時間に対する日照時間の割合のことです。

日照率(%)40%以上日数
30年平均低い年30年平均少ない年
札幌32173.60
稚内2382.00
留萌2162.10
名寄××××
旭川31163.61
紋別3464.20
網走43215.62
北見××××
岩見沢35164.01
小樽24112.50
帯広64337.84
釧路61227.52
根室55146.71
倶知安1861.70
室蘭40224.81
苫小牧48346.44
浦河52326.64
江差1841.60
函館38224.81
千歳××××

日照率の30年平均を見ると、一番高い帯広の64%と一番低い江差・倶知安の18%では、3.4倍もの差があります。

太平洋側は日照率が高く、日本海側は日照率が低くなるのは、本州でも同様のことですが、1つの都道府県の中で、その両方の地域が存在するということは、さすがに北海道が広大なエリアであるということを証明しています。

風速

平均風速(m/s)10m/s以上日数
30年平均高い年30年平均多い年
札幌3.24.81.24
稚内4.86.62.76
留萌6.08.05.19
名寄1.93.00.22
旭川2.43.71.04
紋別3.55.21.25
網走3.65.21.44
北見2.03.20.21
岩見沢3.34.10.73
小樽3.34.40.52
帯広2.54.50.73
釧路4.96.83.99
根室5.78.24.07
倶知安3.14.11.34
室蘭5.57.34.510
苫小牧3.35.21.05
浦河5.37.55.69
江差7.09.47.310
函館3.85.12.36
千歳3.85.43.16

北海道の冬の寒さは、気温に追加して、雪の量と風の強さに大きく影響を受けます。

やはり風が強いのは沿岸部が中心で、稚内4.8m/s・留萌6.0m/s・釧路4.9m/s・根室5.7m/s・室蘭5.5m/s・浦河5.3m/s・江差7.0m/sなどの地域は、冬の間、風の強さにより一層の寒さを感じさせます。

札幌では、雪が多く風が弱めであるため、最高気温が氷点下の日々でも、意外と寒さ厳しさを感じない日々が多いものです(雪があると、無い状態より暖かく感じられるのです)。

降雪量

降雪量(cm) 
30年平均多い年少ない年
札幌4510111
稚内351093
留萌40794
名寄5712325
旭川421168
紋別28695
網走24612
北見348311
岩見沢5817712
小樽5411028
帯広15580
釧路11390
根室14600
倶知安8613937
室蘭14341
苫小牧14460
浦河10350
江差17510
函館26772
千歳25446

北海道の冬は大雪が降るというのが一般的な認識ですが、エリアによって雪の量は大きく異なります。

特に、釧路・根室・帯広・苫小牧・室蘭などの太平洋側はかなり少ないエリアになります。

ちなみに札幌は大都市ですが、北海道の中では雪が多い方の地域で、2月中旬の30年平均ベースでは、20都市の中で5番目に積雪量が多く、20地域平均の1.4倍ほどの雪の量となります。

最深積雪

最深積雪(cm)
30年平均多い年少ない年
札幌8713652
稚内619822
留萌7814735
名寄9912768
旭川7912641
紋別499924
網走499113
北見6210329
岩見沢11320857
小樽11116166
帯広558229
釧路21600
根室23551
倶知安174228127
室蘭18465
苫小牧22502
浦河11270
江差20512
函館38827
千歳426827

降雪量の少ないエリアは、当然のことながら積雪量も少なくなります。

特に根室・釧路・室蘭・苫小牧・浦河・江差では、積雪量0cmに近づく年もあるほどで、真冬の2月中旬でも雪が積もっていない年があったということです。

特に太平洋側は、降る雪の量も少ないのですが、日照率も高いため、雪が溶けやすいのです。

まとめ

2月の中旬は、1月中旬~2月上旬に比べると、少し寒さ厳しさが弱くなっては来ますが、まだまだ真冬の真っ最中と言っても良い時季です。

そんな中でも、各項目の数値を見ていると、太平洋側の各地域は、降雪量が少なく、日照率が高い、気温も北海道の中では高めであるということから、冬は過ごしやすい地域であると感じられます。

しかし、日照率が高く気温が高めということは、決して良いことばかりではないことも、お伝えしておきます。

降った雪を一度溶かした水分が、夜の冷え込みで凍り付く、そんな作業で出来上がる「凍り道(アイスバーン・ツルツル歩道)」は、冬の北海道の大きなリスクとなる要因ですから、日照率と高めの気温は要注意となります。

実際に、2月中旬の札幌と釧路を比較してみると、歩道の雪の量は釧路の方が少ないのですが、歩道の滑り具合は、釧路の方が大きいと感じられるはずです。

旅行者の方であれば、札幌では滑って転んでというリスクが回避できても、雪の少ない太平洋側の地域で逆に転んで骨折などをする危険性がありますので、注意が必要です。

ツルツルの凍り道を心配される方は、積雪量が一定程度残っていて、夜の冷え込み=最低気温が0℃を下回っている時季は、その地域へは旅行に行かない方が無難です。

意外と1月2月より3月の方が滑りやすいです。3月なら4月まで待った方が良いかもしれません。

以上『2月中旬の北海道20地域の気温・雪・日照・風など完全比較!』についてでした。

error: Content is protected !!