心地よさを求めて北海道/札幌へ移住して5年。実際に札幌生活を体験したことで分かった実感を、できる限り根拠となるデータも付けてまとめてみました。

札幌でクマの恐怖が拡大!とんでもない事故まで!

6月に公開した『クマが出る!ゴルフ場や観光施設、高級住宅地にも!?』という記事には、過去の「こんな所にもクマが出ていた!2017年から出没情報が増えてきた!」程度に書きましたが、その後、とんでもないことになっています。

2018年は、2017年を更に上回るペースです。そして、とんでもない場所での目撃情報よりもビックリの「とんでもないクマ事故」が起きています。

最近、地震関連のニュースが多く、すっかり忘れられてきたクマの恐怖、確かに9月に入り札幌市内の出没情報件数は沈静化して来ていますが、未だに島牧町では騒ぎが収まっていません。

忘れないうちに、札幌の出没情報件数や北海道内でのとんでもない事故など、今年2018年のクマの恐怖について、書き残しておきます。

※データの出典・参考元:札幌市のホームページより(データを抜出またはデータをこちらで独自に計算)

札幌市でのクマ目撃・痕跡情報の件数(年・月別)

➀年間合計&4~7月合計

4-7月計年間計
2018年98117
2017年59106
2016年2233
2015年4182
2014年5489
2013年34105
2012年76167

②月別件数

4月5月6月7月
2018年5213537
2017年3181127
2016年4675
2015年671315
2014年6112611
2013年712411
2012年762736
8月9月10月11月12~3月
2018年172
2017年17151230
2016年50321
2015年298220
2014年237320
2013年11302163
2012年46291321

2018年の4~7月合計の98件は、昨年比66%増加で、2012年以降で最大の出没件数となってしまいました。

8月は昨年と同数、9月は23日までの途中段階ですが、かなり昨年よりは減少傾向にあることが分かりますが、年間計では既に昨年を上回っていますので、油断は禁物です。

とんでもない事故など2018年のニュース

➀高速道路でクマと自動車3台が衝突!

8月23日の午後9時前に、道央自動車動(美唄市光珠内の上り線)で、「シカのような動物をはねた」と乗用車を運転していた女性が警察に通報し、警察が現場に駆けつけたところ、体長1m70cm・体重220kgのクマ1頭が倒れ死亡していたとのことです。

道路に入り込んだクマが乗用車3台と次々と衝突したようですが、車はフロントガラスが割れるなどありましたが、人に怪我は無かったそうです。

②JR列車とクマ衝突

8月25日午前0時5分には、今度はJR千歳線植苗―沼ノ端間で、札幌発苫小牧行きの普通列車とクマ1頭が衝突しました。乗客約50人に怪我はなかったのですが、クマの死骸撤去のために、朝の普通列車3本が運休などし、乗客約1200人に影響が出たそうです。

高速道路と言いJR列車と言い、もうどうにも防ぎようのない事故ですね。JR列車なら確実に大丈夫でしょうけど、自動車は軽自動車とかであまりスピードの出ていない一般道であったりしたら、逆にこちらが横転事故などになってしまうかもしれませんね。

③小学校のプール近くでクマ4頭

8月23日にオホーツクの西興部村上興部にある上興部小学校から300mほど離れた草地でクマ2頭が目撃されたとのことですが、7月には学校プールの近くでクマ4頭が目撃されていたそうです。

④札幌市内では住宅地付近で

8月7日の午後3時半ごろ、札幌市南区真駒内柏丘12丁目の雑木林で、「クマを1頭をみて逃げてきた」という110番通報があり、札幌市南区役所や警察が付近を捜索したところ、クマのフンや足跡などは見つかりませんでした。

しかし、周辺には高校や老人ホームがあり、住宅も建ち並ぶ地域にも隣接していて、7月19日にも、約200メートル離れた場所でクマ目撃情報があったそうなので、怖いですね。

⑤クマ目撃情報の多発で、札幌で緊急対策会議開催

札幌市では、さすがに目撃情報件数の増加が顕著となった7月下旬に、緊急会議が開催されました。

会議には、札幌市の他に、北海道警察や専門家など20人以上が集まり、今後の対応について、状況によってはクマの駆除を検討する他、住民への注意呼びかけや警察によるパトロール、クマを寄せつけないようゴミの管理徹底などが確認されたそうです。

その後どうなったのかは不明です。

今後どうなるのか?

2011年に円山公園付近で出没情報があって大騒ぎになったときもそうでしたが、今回も、専門家の中には、冬眠中のクマを駆除する制度が30年くらい前に廃止された影響が今になって出てきていると指摘している方もいます。

その30年前頃は、恐らく札幌付近の山では、クマが絶滅に近い状態であったとも言われていましたが、駆除を止めたことで、少しずつ増え始めたので、今年だけの異常事態ではなく、今後も続く現象だと警告しています。

クマは人の目につかない場所で生活する習性があったのに、住宅地が山に近づいてきてしまったために、ちょっと迷子になったクマが人と遭遇するパターンや、住宅地の生ごみの味を覚えてしまったりしたことが、根本の原因のようです。

まとめ

8月9月と減ってきてはいますが油断は禁物です。全く想定外であった断層で、北海道初の震度7が起きたのですから、自然の驚異に油断は禁物です。

最近、ゴルフ場では目撃情報はありませんが、野外スポーツ施設では多発していて、その施設はクローズしてしまったそうです。いつまた、ゴルフ場などに出るかもしれませんので注意が必要です。

とは言っても、ゴルフができるのも、残すところあと1ヵ月となりました。私も、あと数回はプレイしておきたいところです。無難に、山に近いゴルフ場を避けるようにしておきたいと思います。

以上、札幌でクマの恐怖が拡大!とんでもない事故まで!についてでした。

error: Content is protected !!