心地よさを求めて北海道/札幌へ移住して5年。実際に札幌生活を体験したことで分かった実感を、できる限り根拠となるデータも付けてまとめてみました。

4月の札幌での服装/気温・雪・日照・風速/全国15都市との比較付!

4月の札幌大通公園の写真で、まだ木に葉っぱの付いていない頃

4月の札幌は、雪の降る日もほとんどなくなり、日中の気温が10℃を超える日が多くなり、ようやく春の到来が感じられる時季となります。

また、本州より1カ月遅れで、桜の開花情報が話題に上り始めますので、気分も上昇傾向になります。

しかし、まだまだ日中でも5℃付近の寒い日もあり、風が強くなるために、体感的には2月3月よりも寒く感じられる日もあります。

暖かい日と寒い日がジェットコースターのように上下動するため、暖かい日や桜の情報で春気分に浮かれていると、いきなり寒い日がやってきて気分を萎えさせる、そんな不安定な時季が4月です。

雪の状況のために、1年間の中で一番厄介な時季が3月であると、3月の記事でお伝えをしましたが、服装をどうしようか?といった面からは、一番迷って面倒なのが4月であると言えます。

そんな4月の札幌での服装に役立つ気候情報について、気温や日照・風などを中心に、日本全国各地との比較をしながらまとめてみました。
(札幌と北海道内各地域との比較については、別の記事でご紹介しています。最後の項目で、その記事をご紹介しています)

※比較した15地域とは、青森・秋田・仙台・東京・新潟・長野・名古屋・金沢・大阪・広島・松江・高知・福岡・鹿児島・那覇で、日本全国の天気予報で常連の地域を選びました。
(北海道内の各地との比較については、別の記事があり、本記事の最後にリンク先をご紹介しています。)
※各気象データは、気象庁ホームページのデータ30年間分を参照し、独自に30年平均などを集計しております。
※30年間データとは、西暦1990年~2019年(平成2年~31年)のデータです。
まずは数値を見て、ご自分の地域と比較してみてください。服装については、最後の項目にまとめました。

最高気温

(℃)4月上旬4月中旬4月下旬
札幌9.311.614.4
青森11.513.715.9
秋田12.114.116.1
仙台13.615.517.5
東京17.619.220.8
新潟14.116.218.1
長野15.217.519.7
名古屋18.420.321.7
金沢15.517.519.2
大阪18.220.121.7
広島18.219.921.4
松江16.718.420.5
高知19.621.022.3
福岡18.319.821.6
鹿児島20.621.623.1
那覇23.424.225.3

札幌の4月は、気温がグングンと急上昇する時季で、毎日の天気予報を見るのが楽しみである反面、急上昇もあれば急降下もあるという、上下動の激しい時季でもあります。

平均気温だけを見ていると順調な上昇ぶりしか見えませんので、その状況を少しでも分かりやすくと、2010年~2019年の10年間分の毎日の最高気温を年ごとのラインでグラフ化してみました。

25℃から5℃の間を上下に揺さぶられながら、平均してみると上旬9.3℃→中旬11.6℃→下旬14.4℃と計算されるということが分かると思います。

桜の開花を目前に控えた4月下旬は、5℃から25℃の間をラインが行ったり来たりしてるのが分かるかと思います。

2019年を赤太ラインで目立たせてみましたが、4/1の5.4℃から始まり、4/13の17.7℃までは順調に上昇しますが、その後

⤵4/15:11.4℃

⤴4/18:22.9℃

⤵4/20:12.2℃

⤴4/24:23.2℃ 桜の開花!!

⤵4/27:7.1℃

⤴4/29:20.8℃

といった感じで、毎日の服装に困る不安定な日々が続きます。

4月24日に「桜の開花」宣言が出た3日後には、真冬並みの最高気温7.1℃ですから、北海道民以外の人たちにはビックリです(7,1℃を真冬並みとお伝えしたのは東京の感覚からです)。

最低気温

(℃)4月上旬4月中旬4月下旬
札幌1.43.35.4
青森2.34.06.0
秋田3.25.27.2
仙台4.66.38.2
東京9.110.912.7
新潟5.67.49.2
長野2.85.26.9
名古屋7.99.911.5
金沢6.48.310.1
大阪9.111.112.7
広島8.410.211.8
松江6.58.310.0
高知9.511.012.4
福岡10.011.513.1
鹿児島11.612.714.3
那覇18.119.020.3

最低気温も平均的には上昇していきます。

日による上下動はありますが、最高気温に比べると揺れ幅は小さめです。

しかし、それでも平均で上旬1.4℃→中旬3,3℃→下旬5.4℃ですから、東京で言えば真冬の寒さと言える気温帯で、4月でも5日程度は氷点下になります。

日照率

(%)4月上旬4月中旬4月下旬
札幌434544
青森454547
秋田424443
仙台514649
東京494345
新潟454547
長野525050
名古屋525249
金沢474548
大阪494850
広島494949
松江444649
高知505050
福岡474849
鹿児島454545
那覇323131

どんよりとした日の多かった冬とは異なり、日照率は40%台まで上昇、やっと全国(沖縄以外)並みにお日様が楽しめる時季になってきました。

降雪量

(cm)4月上旬4月中旬4月下旬
札幌4.40.60.1
青森2.50.70.1
秋田0.50.2– .0
仙台0.70.10.0
東京– .0– .0– .0
新潟– .0– .0– .0
長野1.10.50.2
名古屋– .0– .0– .0
金沢0.10.1– .0
大阪–   –   –   
広島–   –   –   
松江–   –   –   
高知–   –   –   
福岡–   –   –   
鹿児島–   –   –   
那覇–   –   –   

さすがに4月に入ると、雪の降る量はグッと減ります。

減りますが、2年に1回くらいは4月でも雪が降ります。

過去には4月28日に降ったという記録(札幌)もあるようです。

紅葉と雪景色が一緒になることは多い札幌でも、さすがに桜と雪が一緒になることは無いと思いますが、最近は4月下旬に桜が開花しますので、ありえない話ではないかもしれません。

積雪量

(cm)4月上旬4月中旬4月下旬
札幌2240
青森920
秋田10–   
仙台100
東京–   –   –   
新潟–   –   –   
長野100
名古屋–   –   –   
金沢00–   
大阪–   –   –   
広島–   –   –   
松江–   –   –   
高知–   –   –   
福岡–   –   –   
鹿児島–   –   –   
那覇–   –   –   

4月に入ると、ほとんど雪が降りませんので、積雪量も3月までに降り積もった雪で融け切れていない残りだけが積もっている状態となります。

平均的には上記数値の通りですが、街の中心部ではほとんど見かけなくなります。

道路の隅っこで日当たりの悪い場所にだけ残ってしまっているような状況が散見される程度です。

風速

(m/s)4月上旬4月中旬4月下旬
札幌3.63.83.9
青森4.34.24.1
秋田4.74.74.4
仙台3.83.63.5
東京3.53.53.5
新潟3.63.53.4
長野2.93.13.1
名古屋3.43.33.3
金沢4.14.13.8
大阪2.92.92.9
広島3.83.73.6
松江3.63.83.5
高知1.91.91.9
福岡3.03.02.9
鹿児島3.43.23.2
那覇5.25.05.1

風が割と弱めの札幌ですが、4月下旬~5月上旬にかなり強い時季を迎えます。

東京よりも強く、北陸・日本海側で風の強い金沢とも同じくらいの風速となります。

気温が上下動することとともに、この風が強くなることが、4月の服装選びをより複雑にします。

最後に

服装選び

4月の札幌大通公園の写真で、まだ木に葉っぱの付いていない頃

上の写真は、4月上旬の大通公園ですが、花壇に花が植えられていますが、木々にはまだ葉がちらほらとしか着いていません。

北海道民は春に向けて準備を始めていますが、自然の気候はまだまだ冬の終わりのようで、まだ春には追い付いていない感じがします。

そんな札幌の4月の気候の特色的なところをまとめると、

①雪が降らなくなり、気温も上昇するので「冬の終わり」が感じられる時季

②気温の上下動が不安定であるため、服装選びに困る時季

③風の強い日が多いため、体感的には2月3月よりも寒く感じられる日がある

暖かくなっていくことへの期待感が強ければ強いほど、不意打ち的な気温の低下と強い風に、気分が萎えいでしまうことが多いのが、札幌の4月です。

街の若者たちは、春用の薄手の服装が目立ちますが、服装選びは慎重になることをおすすめします。

日々の気温差だけでなく、日中と朝晩の気温差も含めれば、4月は毎日「冬と同じ服装」で出かけても良いくらいです(もしくはユニクロのウルトラライトダウンを持ち歩く)

但し、雪はもうほとんど主要な道路には残っていないので、靴だけは防滑・冬用から普通の靴に変えても問題ありません。

よって、屋外でのランニングも再開できます。ランニングコースについて詳しくは↓

関連記事

2019年4月にオープンした「北ガスアリーナ札幌46」も追加しましたので、正確には【13選】となりました!札幌に移住して、夏のゴルフや冬のスキーだけでなく、日々欠かせないランニングと、札幌のスポーツ環境にはかなり満足しています。ラン[…]

ゴルフも、通常なら4月下旬からオープンするコースもあります。北海道ゴルフのデメリットを書いた記事ですが、こちらに冬のクローズ関連が書かれています↓

関連記事

こんにちは。地方への移住・北海道への移住で、少しでも失敗・後悔なく、心地よさを感じる計画を立てるためには、札幌移住がおすすめかな!?とブログにまとめている、えびさかです。札幌に移住して、年に1回くらいの旅行では気にもしていなかっ[…]

北海道ゴルフのデメリットでもある洋芝にゴルフボールが沈んでしまっている様子

桜の開花日程

最後に「桜の開花」についても触れておきたいと思います。

ここ6年間ほどは4月下旬に開花してゴールデンウィークには見頃を迎えるというパターンが定着してきましたが、2001年~2017年までの平均は5月3日に開花し、5月10日前後に見頃を迎えるのが平均でしたし、年によって開花日が大きく異なっていました。

2015年~2019年までの平均は、4月25日に開花し5月3日前後に見頃を迎えています)

2019年も当初の予想は5月3日でしたが、開花間際になってどんどん早まり、最終的には4月24日に開花してしまったといった感じです。

桜について、詳しくは↓

関連記事

東京では3月下旬から4月上旬が「桜」で賑わう時季ですが、札幌の「桜」は1ヶ月遅い4月下旬から5月上旬頃になります。最近はゴールデンウィークあたりが見ごろであることが多い印象です。4月はまだ東京の冬と同じ気温ですが、桜の開花で春の暖か[…]

北海道札幌市にある北海道神宮の桜が一面に咲き誇る様子

札幌以外の北海道内各地

札幌以外の北海道内各地の情報については、↓をご覧ください。

北海道旅行で北海道内各地を周遊される方は、札幌と道内各地との違いを知っておいた方が良いです。札幌との差もありますし、札幌以上に気温が不安定なエリア(特に東側)もありますので。

関連記事

4月上旬の北海道は、最高気温・旬10日間平均が9.2℃と、やっと、やっと本州が一番寒い1月下旬(東京9.7℃・大阪9.1℃・福岡9.6℃)に届くところまで戻ってきました。2月上旬▲0.4℃⇒2月中旬 札幌 0.2℃⇒2月下旬 札幌 […]

関連記事

4月中旬の北海道は、桜の開花時期がいつになるのか?を始め、春の話題がテレビ画面を盛り上げてくれる時季です。早い年には4月下旬から咲き始め、ゴールデンウィークには見ごろを迎えます。というのは、函館や江差の道南方面と札幌だけで、[…]

関連記事

4月下旬の北海道は、函館や札幌などでは「桜」の開花が話題となり、春本番といった雰囲気になってくる時季です。札幌の気温は、3月上旬2.5℃⇒3月中旬4.5℃⇒3月下旬6.4℃⇒4月上旬9.2℃⇒4月中旬11.6℃⇒4月下旬14.4℃と[…]

 

以上、『4月の札幌での服装/気温・雪・日照・風速/全国15都市との比較付!』でした。

error: Content is protected !!