心地よさを求めて北海道/札幌へ移住して5年。実際に札幌生活を体験したことで分かった実感を、できる限り根拠となるデータも付けてまとめてみました。

北海道は梅雨なし!秋雨無し!?6月~10月が快適すぎる!!

北海道移住で失敗後悔した人の中には、北海道も最近それほど涼しくないとか、梅雨が無いといっても、良く雨が降るとかブログや口コミに書き込んでいる方もいますね。

そこで今回は、北海道札幌の夏の快適性について、まとめてみました。

確かに、北海道が暑い!と言われる事象がある

北海道札幌市のモエレ沼公園で水遊びをする家族の写真

❶昨年(2017年)7月

<2017年7月札幌日の最高気温>
7月 7日:33.2度
7月 8日:30.0度
7月 9日:32.4度
7月10日: 33.2度
7月11日: 29.8度
7月12日: 28.3度
7月13日: 33.1度
7月14日: 34.9度
7月15日: 33.4度

と9日間も連続で、札幌にとっては酷暑が続きました。おかげで、購入して損をしたと後悔していたエアコンが大活躍、不幸中の幸いでした。

❷2015年8月

帯広に近い池田町で猛暑日が2回目となり、最高気温が37.1度まで達しました。ほとんどの家や庁舎でも、エアコンを持っていなく扇風機で凌ぐのがたいへんであるとニュースになっていました。

また、同時に沖縄が他の地域より気温が高くなく、今後夏の避暑地は沖縄になるかもしれない!みたいな記事も見かけたりもしました。

❸今年(2018年)6月

今週月曜日と火曜日は、4日に帯広が34.2度、5日に美幌町が32度で、日本一の高気温を北海道が獲得しました。札幌も4日は30.7度、5日も28.7度と、東京よりも暑くなりました。

❹札幌にはヒートアイランド現象がある

札幌は、内陸部ではないのでフェーン現象などは無く、帯広や北見などのような35℃を超える急激&一時的な高気温になることはありませんが、ヒートアイランド現象により、周辺より2度ほど気温が高いです。

しかし、この2度高いということは、悪いことばかりではありません。28度以上がプール遊びに適した気温と言われていますから、短い日数とは言え、北海道でも水遊びを楽しむことができます。

また、冬も気温が2度高くなりますので、寒さが少し弱くなりますね。また、ヒートアイランド現象のおかげで、周辺がマイナス20度に達する極寒の日でも、マイナス10度くらいで済んでいます。そのマイナス10度ですら昔よりかなり珍しくなったそうです。

これから、札幌と私の古巣・東京を気温・日照時間を使って比較することで、札幌が周辺より2度も高くても、いかに快適であるかを証明していきます。

日照時間比較で、梅雨はない!秋雨もないのでは!?を確認

雨が降らないので傘を閉じて干している写真北海道に梅雨が無いことは有名ですが、秋雨はあると言われています。しかし、札幌の8月~10月は気持ちの良い日が多いので、日照時間を調べてみました。

右端の「割合」は、札幌/東京の割り算で、東京の日照時間を100%とした場合の札幌の比率です。

日照時間
札幌東京割合
1月上旬316547%
1月中旬306943%
1月下旬327146%
2月上旬366059%
2月中旬296049%
2月下旬384780%
3月上旬355465%
3月中旬506379%
3月下旬687195%
4月上旬6549132%
4月中旬586787%
4月下旬7166108%
5月上旬688085%
5月中旬616989%
5月下旬8276107%
6月上旬6059102%
6月中旬5449112%
6月下旬6333193%
7月上旬6847143%
7月中旬7261118%
7月下旬6462102%
8月上旬7164110%
8月中旬464994%
8月下旬6141151%
9月上旬5537148%
9月中旬4942118%
9月下旬6146132%
10月上旬4939126%
10月中旬5044114%
10月下旬464699%
11月上旬344969%
11月中旬344772%
11月下旬324965%
12月上旬306149%
12月中旬275847%
12月下旬226833%
年間平均505689%

❶北海道・札幌に「梅雨」は確かに無い

本州が梅雨になる6月中旬~7月中旬、東京は日照時間が少なくなりますが、札幌は、その前後とあまり変わりありませんね。日照時間=晴れている時間の長さ=雨の降っている時間の短かさということにして、梅雨であるか否かを判断してみました。

雨の降る量を示す降水量は、雨の降っている時間ではなく、降った量であり、集中豪雨や台風に大きく影響を受けるため、比較対象としませんでした。

6月中旬から札幌の日照時間「割合」が、112%・193%・143%・118%と高くなっていますね。梅雨の期間は、これだけ札幌の方が東京より晴れた時間が長くなります。

❷北海道・札幌に「秋雨」は本当にあるのか?

梅雨が無いことの証明は、予想通りですので、面白くも無いですね。次に「秋雨」についてです。8月中旬・下旬から10月頃が「秋雨」の季節と言われており、気象庁は北海道に秋雨の期間があるとしています。

しかし、5年間の日照時間を見る限りでは、東京では認められますが、札幌では認められません。少し分かり難いので、「梅雨」と「秋雨」とその間の時季の平均値を出して並べてみました。

時季月旬の期間札幌東京
通常の春4月上旬~6月上旬6767
梅雨の期間6月中旬~7月中旬6447
通常の夏7月下旬~8月中旬6059
秋雨の期間8月下旬~10月中旬5441

通常の春・夏期間に比べ、東京の梅雨・秋雨期間だけ、日照時間が少なくなっているので、東京にだけ梅雨と秋雨があり、札幌には梅雨だけでなく秋雨も無いと感じます(この5年間は)。

札幌も梅雨期間に比べ、秋雨期間の方が10時間(旬=10日間なので、1日当たり1時間)少なくなっていますが、東京も梅雨より秋雨の方が6時間少ないので、東京と比較する限りでは、やはり札幌に秋雨があるという感じがしません。

あくまでも、直近の5年間のみのデータであり、晴れた時間からの逆算での実感です。

日照時間は年により異なる

5年平均データでアレコレ言っていますが、毎年同じ傾向ではありません。各年ごとに、各旬ごと札幌の日照時間を並べました。

13年14年15年16年17年
6月上旬10672404143
6月中旬589883780
6月下旬69102247943
7月上旬6458757469
7月中旬9176686561
7月下旬6181327371
8月上旬5658678983
8月中旬3944436044
8月下旬4777497658
9月上旬4067473884
9月中旬5453505238
9月下旬5569556662
10月上旬4945534948
10月中旬4148506247
10月下旬3553483459
期間平均5861536059

全国の梅雨入り日程が毎年大きく違うように、札幌の気候も毎年異なります。6月中旬は最たる例ですね。ま~参考・イメージ程度です。

最高気温・最低気温も併せて比較

窓を開けせんぷうきをかけている写真

札幌東京
最高最低最高最低
6月上旬21.212.525.217.9
6月中旬21.213.826.219.5
6月下旬23.915.327.020.8
7月上旬25.517.729.022.6
7月中旬25.618.331.724.4
7月下旬26.819.531.224.4
8月上旬28.020.432.525.4
8月中旬26.819.932.125.3
8月下旬26.118.630.323.7
9月上旬25.617.929.723.0
9月中旬23.715.528.221.7
9月下旬21.212.525.719.1
10月上旬18.410.324.417.9
10月中旬16.47.922.616.0
10月下旬13.75.820.414.0

やはり、エアコンを購入したのは誤りであったと思えます。事実、昨年7月以外は、残念ながら扇風機というかサーキュレーターだけで十分暮らせてしまいました。

6月下旬~9月中旬の間は、もう東京には帰れませんね。

まとめ

北海道移住を失敗・後悔しないためには、まずは札幌移住から始める、特に地下鉄沿線でマンションを探すことをおすすめしていますが、夏の気候だけで言えば、そうも言えないのですが、だからと言って札幌が悪い訳でもないことを、今回確認できました。

気候以外の部分を含めれば、大多数の方にとって、札幌移住がベストであることは確証しているのですが、また別の機会に、気候における北海道内のベスト地域はどこか?計ってみたいと思います。

計ると書いたのは、あくまでも数字的な分析になるからです。感覚的なベストを決めるのは、個人個人の感覚ですからね。

以上、北海道は梅雨なし!秋雨無し!?6月~10月が快適すぎる!!についてでした。

【出典・参考元】
気象庁
www.jma.go.jp/jma/index.html

error: Content is protected !!