心地よさを求めて北海道/札幌へ移住して5年。実際に札幌生活を体験したことで分かった実感を、できる限り根拠となるデータも付けてまとめてみました。

札幌再開発2019年の目玉・北4東6のタワーズフロンティア&体育館の様子

前回(2018年8月26日)に大通駅から地下道を通ってバスセンター前駅へ、ここから地上でサッポロファクトリーを抜けて、ザ・タワーズフロンティア札幌(工事中)までの道のりを40枚の写真でご紹介しました。

詳しくは→大通駅~サッポロファクトリー~ザ・タワーズフロンティア札幌への道のり(工事中)

今回は、札幌の再開発に大いに期待を寄せている中、たまたまサッポロファクトリーのジャンボクリスマスツリーを見に来た際に、その周辺も散歩してみたところ、永山公園からタワーズフロンティア(ツインタワーマンション)を見た光景がとても良かったので、この北4条東5丁目の再開発地域の周辺を写真に撮り、まとめてみました。

《1》全体図

上の写真は、タワーズフロンティア工事中の看板に掲載されていたものですが、まずは、この周辺の位置関係を見て下さい。

永山公園の目の前にツインタワーマンションのサウスタワー、少し奥にノースタワーがあります(金色の部分)。

濃い青色の部分が空中歩廊で、サッポロファクトリー~タワーズフロンティア~中央体育館などを結んでいます。

一番奥(北)側の薄めの青い部分が中央体育館です。

《2》タワーズフロンティアを東西南北から見た

➀まずは、表玄関でもあるサッポロファクトリー側の交差点から撮った写真です
これは11月の写真です

次は8月の写真です。ちょっと角度が違いますが、サッポロファクトリーとの空中歩廊が作り始められたころで、11月現在ではかなり工事が進んでいました。

②次に西側からノース棟と中央体育館を取った写真です

8月にはまだ無かったタワーズフロンティアから中央体育館への空中歩廊が作り始められています。体育館に向かって少し切りあがっていく感じですが、これだと、ノースタワー2~4階くらいの部屋の西側は被ってしまいますかね。

③北側・体育館側から撮ったノースタワー(左)とサウスタワー(右)、空中歩廊の写真です

④東側から撮ったノースタワー(右)とサウスタワー(左)の写真です

⑤最後に東側がどのような状態か撮った写真がこちらです

かなり広いスペースがあるので、ここに大型マンションが建ってもおかしくはありません。

元々あった建物を解体し終わった状態のスペースだけでもマンションが建ちそうなサイズで、隣にあるタイムズの駐車場を併せると、けっこう大きめのマンション建設が可能なサイズになりそうです。

まだ、何も情報はありませんが、ほんの少し東側に住友のマンションもありますが、この辺りは、ファクトリーにある東光ストアの他、8月にマックスバリューがオープン、10分程度にアリオ札幌(イトーヨーカドー)やジェイ・アール生鮮市場などもあり、買い物にはとても便利な立地です。

また、タワーズフロンティアの販売が好調な半面、価格が高いということで諦めた方々も多いようなので、新たなもう少し安めのマンションが建ってもおかしくはないですね。

《3》中央体育館の様子

➀まずは工事中の写真ですが、日なたとに影でちょっと変な構図です

順調に進んでいるような感じです。

②完成図(工事中の看板)はこんな感じです(空中歩廊がぼやかされていますが)

③ちなみに現在の中央体育館(北一条通り)はこんな感じです

《4》永山公園から見た

➀これは広告用の写真ですが、誇大広告でもないので、緑の時季をイメージできます

②紅葉の時季には、こんな感じです(実際の写真)

この永山公園は、春は桜も楽しめる公園です。

《5》目の前・サッポロファクトリー側

➀まずは8月に撮った写真です

②次に11月に撮った写真です

8月よりかなり空中歩廊の工事が進んでいることが分かるのと、かなり葉が落ちてしまっていますがイチョウの木がきれいな通りであることが分かると思います。

《5》サッポロファクトリー

サッポロファクトリーとこの再開発エリアは2階の空中歩廊で直結します。

そのためか、サッポロファクトリーでは2階フロアを大改装しています。3条館は11月1日にリニュアルオープンしましたが、同時に2条館の半分は工事に入りました。

➀3条館にはシメパフェで有名な「パーラーヒノキ」など6店舗が新規オープンしました。

お花ばかりで、よく分かりませんね。こちらのフロアの詳細は、また今度まとめてみますね。

②2条館は一部改装にはいりました。

こちらにあったコムサイズムやハッシュパピー、スーツカンパニーなどのアパレルショップが閉店し、その辺りが改装に入りました。

《6》大通~バスセンター前間の500M美術館

タワーフロンティアに住まれる方は、きっと通勤やショッピングで大通方面に向かう際には、空中歩廊でサッポロファクトリーを抜け、2~3分くらい地上を歩いたのちに、バスセンター前駅8番出口から地下に潜り、地下道で大通駅付近まで行くと思います。

その道程を、前回詳しく載せましたが、その地下道のイメージを上げてくれている500M美術館ですが、現在は展示がありません。ということで、展示のあった8月と展示のない11月現在を比較してみますね。
➀展示のあった8月

②展示の無い11月

ちょっと寂しい感じですね。

まとめ

今年2018年の札幌再開発の目玉は10月に正式オープンした「創世スクエア」でした。

そして、今年はもうひとつ、11月17日に「苗穂駅」の移転があります。南北通路ができ、かなり利用勝手の良いエリアになります。

2020年以降も順次にタワーマンションや商業施設、アリオ札幌へ直通の空中歩廊が完成して行くと、更に洗練された街並みに変わっていきそうです。

その間の年の来年・2019年の目玉が、位置的にも創世スクエアと苗穂駅の間になる、この北4条東5丁目の再開発です。

中央体育館は来年の4月にオープン、タワーマンション(タワーズフロンティア)は11月竣工予定です。

そして、これに合わせてなのか、空中歩廊でつながるサッポロファクトリーの2階フロアは大改装が行われました。それらの様子については、次回に「サッポロファクトリー」で1つの記事にまとめる予定ですので、その際に、ご紹介しますね。

以上、『札幌再開発2019年の目玉・北4東6のタワーズフロンティア&体育館の様子』でした。

error: Content is protected !!